Running & Swimming & WORKOUT

2018年9月24日 (月)

ゆるジョグ@湘南国際村

 
勤務明け、気分をすぐにオフに切り替えられる三浦半島ホームグランド
         
様々に充実した、アクテビティエリアが目の前に広がっている。
   
E2a87e31ad9540509ab94e12dc0d6511

早起き、ランニング、ワークアウト、ログ、節酒、学習
      
習慣力を大切にしたい。     

      

|

2018年9月18日 (火)

トレラン@大楠山

D3cf478bde8f450984e84222d951633e
   
スポーツの秋
絶賛開催中
    

日常にトレイルを自然に溶け込ませていきたい。

      

#SportsAutumn #TrailRun FunJog

      

|

2018年9月13日 (木)

筋 況 / Kinyo-Rep.

D7cbb83de2a84570b4f6e17e9938b4e0
   
運動は筋力を高め、どちらかというと大きく痩せるよりは、ほとんど痩せずにバランス良く、体躯を整えるということに効果がある。

また、筋肉をつけることで体の基礎代謝量を高め、普段のカロリー消費量を大きくする。

運動だけではさほど痩せないが、運動、特に無酸素運動(筋肉トレーニング)と合わせてカロリー調整をすることで痩せてゆく。

運動による直接のカロリー消費が少ない場合においても、普段のカロリー消費量を大きくしていくので、食生活をバランス良く整えることにより自然とウエイトバランスも良くなり、身体の質が高められるのである。

    
   
#スポーツの秋 #ワークアウト #体質改善 #質的向上
#SportsAutumn #WorkOut #BodyMake
         

 

My Life log(2018/07/01〜08/31)new 
 

|

2018年9月12日 (水)

柔 軟 力

6d5c6128e2a14b20b4f948e1b74e1bbe

後ろで手を組む際、片側は届くのだがもう一方はまったく届かない場合がある。

筋肉の緊張が主な原因なので、肩関節を定期的にほぐすとよい。

大部分の人は体が完全に左右対称ではないという。
骨の形状の左右差などもあるが、多くの場合は筋肉の偏った緊張や、筋膜などの癒着が原因であるようだ。

統計的には、利き手を下に回した際に手が届きにくいようだが、いずれにしても運動や姿勢の偏りが招いた歪みが大半であり、放置すると歪みを助長する恐れなどもあるので、硬いほうの肩を内側にねじる動きを中心に、肩甲骨をじっくりほぐす運動を習慣化すると改善できる。

柔軟力 + 習慣力を大切にしたい。

 

|

2018年9月10日 (月)

中 年 力

E91d57ad078b4719a20a525548ee6557
 
若い時の無理が次第に体に出てくるのが中年期

走り続けてきた人生にブレーキをかけられるのも中年期からだろう。

そして、自分の肉体を限りあるものと考え、上手に使っていく意識が芽生えるのも中年期以降

鍛えることも重要であるが、それよりもこれからは体を上手く、壊れないように使うための工夫が大切だろう。

       
#ワークアウト #ボディメンテナンス #鍛道
   
#習慣力 #継続は力なり   

|

2018年9月 9日 (日)

柔 軟 力

リラックス効果を得ながらのリストラブル・ストレッチ

953736df31d44f469242193a97a3134c

パフォーマンス力を最大限発揮できるように柔軟性を高め、延いては、習慣化することで怪我の予防に繋げることができるはずだ。


|

2018年9月 8日 (土)

中 年 力

時短 × リカバリーパフォーマンス

C8b57aa036ab493cb1b3d45ade9ba702

体の調子を感じ取り、

自然体でいることの幸せに

目を向ける。

 

毎日体調がベストコンディションなどということはない。

体調が普段より格段に悪い場合においても、無いものを悔やむのではなく、与えられた状況下で最善を尽くすことが最も大切なようだ。

 

|

2018年9月 6日 (木)

ナチュラルウォーキングレッスン受講

Img6963

ナチュラルウォーキングレッスンを受講した。

葉山ナチュラルランニングクラブ を主宰している 金城みどりさん のレッスンを受講するのは、約1年半ぶり2度目

Img6979_2

常 歩(なみあし)理論 に基づく、 2軸感覚歩行 のウォーキングレッスンをたっぷり2時間学んだ。

これまで自分の体が内旋しているのかどうかはあまり感じることができていなかったが、レッスン中に指摘があったように内旋している状態があった。

これは、体の歪みなどにも繋がるもので、もしかしたら、唯一自分の体の中で痛みや強張りが出やすい大臀部左部のコンディションは、この辺りが原因なのかもしれないと感じた。

今回、ストレッチとウォーキングを繰り返した後の 足裏全体に加重ができた改善状況 はこれまでにない感覚であり、これがあるべき姿、理想型なのだと、はっきりと実感することができた。この感覚は忘れないでおこうと思う。

また、ストレッチにおいては、内旋しているかどうかを確認しながらのやり方を学ぶことができたのも大きな収穫であった。

Img6975_2

立つ歩く走る は一連の動作として繋がるもの。

あらためて 基本的な体の使い方 の大切さを再認識できた有意義なレッスンであった。

この自然体から本来生まれるべき基本的な動作が、ウォーキングランニングはもとより、ライフワークとしているスポーツへも意識なく自然に定着し、「壊れない体作り」、「疲れにくい体作り」、そして、生涯心身共に健康な生活を営むことに結びつくことができれば、本当に幸せなことだろうなと感じている。

受講時にできたことと身につくということは、残念ながら別物

なので、まずは 実践。「継続は力なり」である。

 

ナチュラルウォーキングレッスン(2018/09/06

ナチュラルウォーキング講座(2017/03/19

 

☟ ナチュラルウォーキングレッスン(サンピアンかわさき:2018/09/06

    
My Life log(ナチュラルウォーキング講座/サンピアンかわさき:2017/03/19 受講    
 
☟ CPS58回ベアフット14前半2016/11/11
 
☟ CPS58回ベアフット14後半2016/11/11

|

2018年8月30日 (木)

WORK OUT

6fdd22bc010d4051b70cbe511c3d6b9e
   
腹筋と前腕とふくらはぎの筋肉は遅筋が優位

速筋優位の大胸筋などと比べると、トレーニングのダメージからの回復時間が短いから、毎日ドンドン追い込んでも問題はない。

|

2018年8月28日 (火)

コレクティブ・エクササイズ

JUST DO IT .

理想的な好循環を自ら導き出す。

A3d9b00041024f44bc4ae1342010719b
   
筋トレに取り組む前に体幹のコンディションをするという方法がある。

体幹を整えて姿勢を矯正し、正確なフォームで最上のトレーニング効果を狙う。

これを『コレクティブ・エクササイズ』と呼ぶ。

|

より以前の記事一覧