Lure&Fly

2017年5月13日 (土)

FF@上野国

Img_4508_2
   
渓への旅
   
渓魚への憧れと共に心洗われる清流を求めて
    
1fef795bb54041e991c5e6908955e782
   

#上州 #上野国  #上州一人口が少ない村  #渓道楽 #FF   #フライフィッシング  #渓魚   #山女魚


      

iPhone から送信

にほんブログ村 釣りブログへ ← ”クリック”にご協力下さい。   

|

2017年5月11日 (木)

メバリング@相模湾

Img_4413

大潮時に最寄りの海岸にて、原チャリ釣行

ファイナルシーズンに向けて岩礁帯に生息するロックフィッシュを掘り起こす夜

 

#メバリング #ロックフィッシュ  #メバル  #カサゴ  #ムラソイ  #Maria   #ママワーム

    

iPhone から送信

にほんブログ村 釣りブログへ ← ”クリック”にご協力下さい。   

|

2017年5月 8日 (月)

LF@東京湾

Img_43342

ベイエリアにて、連日のマンメイドストラクチャー・ナイトゲーム

 

iPhone から送信

にほんブログ村 釣りブログへ ← ”クリック”にご協力下さい。

|

2017年5月 7日 (日)

LF@東京湾

Img_43332_2

 

シンキングミノーでひたすらトゥッチングを駆使して、マンメイドストラクチャーエリアのナイトゲームを愉しんだ。

 

iPhone から送信

にほんブログ村 釣りブログへ ← ”クリック”にご協力下さい。

|

2017年5月 3日 (水)

LF & FF × Trout Game

Img_4223

新緑が眩いポンドエリアにて、水面に広がるライズリングを拾いながら Catch & Release Style Trout Game を愉しんだ。

 

iPhone から送信

にほんブログ村 釣りブログへ ← ”クリック”にご協力下さい。

|

2017年3月29日 (水)

魚旅( - UOTABI - ) de 三浦海Cam倶楽部

Fullsizerender111

魚旅( - UOTABI - ) de  海疑似餌な夜

Img_2853

#海疑似餌  #メバリング  #春告魚

#眼張は凪を釣れ
#三浦海Cam倶楽部

 

 

iPhone から送信

にほんブログ村 釣りブログへ ← ”クリック”にご協力下さい。

|

2017年3月18日 (土)

魚旅( - UOTABI - ) de 三浦海Cam倶楽部

Img_2076

人生に夜遊びを。 =  海疑似餌な夜

 

Saltwater Lure Fishing

 

#海疑似餌 #ルアーフィッシング
#ソルトウォータールアーフィッシング
#メバリング #メバル
#三浦海Cam倶楽部

 

 

魚旅( - UOTABI - ) de 三浦海Cam倶楽( 2017/03/17・18 ) 

 

魚旅(- UOTABI -) de 三浦海Cam倶楽( 2017/01/10・11 )

 

iPhone から送信

にほんブログ村 釣りブログへ ← ”クリック”にご協力下さい。

|

2017年1月14日 (土)

魚旅 de 三浦海Cam倶楽部

Img_8604

 

磯マルとの戯れ。

    
ファイナルシーズンへの序章

 

魚 旅  - UOTABI -

 

Img_8605

 

魚旅( - UOTABI - )de 三浦海Cam倶楽部( 2017/01/10・11 )

 

にほんブログ村 釣りブログへ ← ”クリック”にご協力下さい。

|

2016年12月25日 (日)

eve & Xmas 釣行

Img_7981

人生に、夜遊びを。

忍耐と美

サブサーフェース系ビックルアーの真価により、流れが答えを導いてくれる夜

 

eve & Xmas 釣行 ( 2016/12/24・25

 

iPhone から送信

にほんブログ村 釣りブログへ ← ”クリック”にご協力下さい。

|

2016年12月 3日 (土)

LF@東京湾

Img_6699_2

シーバスゲームのハイシーズン

海水温の低下により磯マルの活性も上がり、バイトを明確に取りやすくなってきた。

魚が高活性の状況により、週末アングラーも多し。

Img_6704

最近思うこと。
世代が少しずつ変わり、現在のアングラーはマナーが良くなっているように感じる。
1980年代の海のルアーの黎明期の頃のことは詳しくわからないが、1990年代からの第1次海のルアーブームの頃に熱中していたアングラーの一部には根こそぎ釣果をキープする輩がいた。
今はその頃のようにビニール袋に入れたり、ストリンガーで吊り下げながら大量に魚を持ち帰るような光景や根こそぎ魚をキープして自慢げに写真を撮るような光景に遭遇しない。
少なくとも私がよく足を運ぶエリアではそんなアングラーを全く見かけなくなったのである。

Img_6703

魚の数は無限ではない 。。。そして、我々は生業(なりわい)の漁師ではない。

だから持ち帰るとしても、その日すぐに食べれる分だけをキープする。

ごくごく当たり前の事ではあるが、釣り師としての基本的なマナー は守らなければならない。

|

より以前の記事一覧