« 【 太公望料理 】白鱚の天麩羅 | トップページ | 【 鶏皮料理 】鶏皮ポン酢、鶏皮七味炒め »

2019年11月 8日 (金)

パスタ

パスタ料理の作成は、コツを踏まえれば楽しさが倍増

併せて、自分自身が満足のできる美味しさを追求できる。

1. 茹で汁の塩分は必ず味見をする。(3%程度 : 汁物の味付けだと、「しょっぱすぎ」と感じる位の塩分量)

塩分でしっかり麺を茹でた方がソースとの味付けのバランスを取りやすい。(「しょっぱすぎる塩分量」で茹でることに抵抗を感じる人もいると思うが、麺を茹でる際に下味をつけることで、結果的にメニュー全般の実質的な塩分量を控えることができる。)

2. 茹で湯は適量で。(たっぷりの湯で茹でるという通説があるが、間違い。麺が湯の中で踊り麺の表面を傷付けることになる。)

3. 茹で汁は沸かし過ぎない。(パスタの表面を傷つけないようにする。)

4. パスタを茹でている時はかき混ぜない。(2、3度までに留める。)

5. パスタの茹で時間は、予熱時間を考慮して説明書きにある茹で時間よりも1分程度早めに上げる。

6. パスタを炒める際、必要以上にフライパンを煽りすぎない。(パスタの表面を傷つけないようにする。)

PANCETTA 作り

http://fisherman-mh.cocolog-nifty.com/honma_world/2019/10/post-5fea14.html

|

« 【 太公望料理 】白鱚の天麩羅 | トップページ | 【 鶏皮料理 】鶏皮ポン酢、鶏皮七味炒め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事