« 迎春 × OUTDOOR COFFEE | トップページ | ダッチオーブン × 焚き火料理 »

2016年1月 3日 (日)

花まるパン

のんびり朝からパン作り 🍞

Img_7746

わざわざ、パン作りの環境が整わないようなアウトドアチックなパン作りにチャレンジ flair

Img_7742

お題目は、アウトドア・パン作りの基本のキ

『 はなまるパン 』

Img_0160

お節(料理)に飽きたら、カレーもね note

Img_0159_2

バターと粉の焼けた香りとスパイシーなカレー
 
なかなかのマッチングだと思う shine

 

 

iPhoneから投稿

← ”クリック”にご協力下さい。

☆ アウトドア・パンの基本、「花まるパン」レシピのご紹介  ☆

【材 料】

* 強力粉 350g、ドライイースト 8g

( ※ 今回は試食として、強力粉 150g、ドライイースト 5g で作成 )

* 塩、バター、(お好みにより、スキムミルク:小さじ1/2程度)

【作り方】

Img_0168_2

1 強力粉、塩、ドライイースト、スキムミルクを計量する。

Img_0167

2 ドライイーストは生き物なので、調味料の塩と直接触れないようにボールに入れる。

Img_01202

注 : 発酵菌が死滅しないようにするためなのです。

Img_0164

3 計量した材料の中に、ぬるま湯を少しずつ加え、バターを加えてこねる。

材料がまとわりつかなる位の固さで止める。ここで、気合いを入れてコネコネすると仕上がりが美味しくなる。

Img_0162

4 1次発酵させる。パン生地が45℃位の温度に保つのが理想なので、焚き火の近くで温めておくのがよい。

Img_0161

5 パン生地が2倍に膨らんだら、6〜7等分にして2次発酵に入る。

Img_0163

6 ダッチオーブンの中に敷き詰めるアルミホイルは3重で作る。

Img_7748

7 ダッチオーブンの中にパンを入れる。(号令詞 : 焼き方始め〜sign01

Img_7746_3

8 火加減は、上:下/8:2

最初の10分程は蓋を開けないで、じっくりと焼く。

初めチョロチョロ、中パッパ。。。これはちょっと違うか coldsweats01

Img_77453_2

焼き上がり〜sign01

Img_7742_2

皿盛りもこのままの方が、アウトドアチックに良いでしょうshine

焼きたて、ほんわり、完成〜 scissors

 

☆ 3つのコツ ☆

1⃣ 1次発酵の際は、パン生地を45℃位の温度に保つのが理想なので、焚き火の近くで温めておくのがよい。(冬場のパン作りは温度管理の点で難しいことを理解する。)

2⃣ ダッチオーブンに敷き詰めるアルミホイルは3重にして作成する。

3⃣ 火加減は8:2(上が8、下が2)

 

 

iPhoneから投稿

← ”クリック”にご協力下さい。

|

« 迎春 × OUTDOOR COFFEE | トップページ | ダッチオーブン × 焚き火料理 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事