« ノルディックウォーキング+低山ハイク@鷹取山 | トップページ | 紀元節 »

2015年2月 8日 (日)

進水式 & ドライレクチャー@逗子海岸

Img_64223

誰もいない海

Img_64233

ならば、飲んじゃおうかな〜 confident

Img_6449

と思いきや、定刻にキャプテン以下メンバー集合

Img_6448

本日の主役、マスさんこと増田氏と進水艇のツーショット

Img_6447

天候不順な日曜日の朝、雨間(あまあい) で進水式を開始

Img_6451

城後キャプテンが振る舞うコーヒー、美味し〜cafe

そして、隣にあるのは、ナント石原○純が好んで食べたという逗子の名菓として有名な、あのカステラではないかsign03(お店の名前は忘れたcoldsweats01

Img_7412

Img_7258

Img_74102

めでたく乾杯note

Img_6453

ナイス、スマイルhappy01

マスさん、ハレの日にふさわしい笑顔だgood

Img_6463

儀式開始

Img_6461

ハルやバウへ赤ワインを注ぐ。

後ろから前からどうぞ〜notes  ・・・昭和だ(笑

(Song by 畑中葉子 :東京都八丈島出身 )

Img_6468

城後キャプテンのサポートでスターンから出艇

Img_6471

マスさん、無事の進水式 おめでとう〜sign01

 

【進水式 movie  1⃣ 】

 
(本)進水式ついでに、ロールはしないの?
(増)ロールケーキを食べたけど、ロールはしな〜い!
(本)それ、オヤジ過ぎ(笑
・・・作り話でした、じゃんじゃん ♪
 
 【進水式 movie  2⃣ 】
 
末永く、お互いご安全に sign03
 
 

※ Jogo式Canoe Life : マスさんの進水式

    

【船の進水式になぜシャンパンを割るの?】

昔の船乗りたちは、暴風雨に出会うと海神の怒りを鎮めるために人身御供(いけにえ)を海に投げ込んでいたが、そのうち、嵐に出会ってから人身御供(いけにえ)を捧げるよりも、その前に捧げてしまおうということで、船の進水式の時には人身御供(いけにえ)を捧げる風習が広まった。これがギリシャ、ローマの時代になると、人の血の代用として赤い葡萄酒を船の舳先に叩きつける習慣へと変わり、やがて、ここから発展して現在のようにシャンパンを船首部に叩きつけることが行事になったという。

   

午後からは、ZCC企画、城後キャプテンの ドライレクチャー 

SUP団体 水辺荘 住民のT橋さん、逗子シーカヤックスクール 会員のM壁さん & クラブメンバーのマスさんらと受講

Img_6485

今回のお題目は、 『 気象のき 』

Img_64442

気象の基本的な知識、そして海辺で気象現象がどのような影響を与え、カヤッキングに影響するのか。また、海に出る際に最低限押さえておかなければならない情報収集の方法などを討論を交えながら、詳しく学んだ。

Img_7288

Img_6489

Img_6498


※ Jogo式Canoe Life : 『 気象のき 』 

    

iPhoneから投稿

”クリック”にご協力下さい

|

« ノルディックウォーキング+低山ハイク@鷹取山 | トップページ | 紀元節 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102540/61107239

この記事へのトラックバック一覧です: 進水式 & ドライレクチャー@逗子海岸:

« ノルディックウォーキング+低山ハイク@鷹取山 | トップページ | 紀元節 »