« 秋 分 | トップページ | スマートフォン用 × 防水アクティブケース »

2010年9月26日 (日)

聖地視察 × 木更津盤州干潟&富津岬

昨晩は雨後の濁りをキーワードに相模湾側の河口周辺にシーバス狙いの釣行rvcar

フィールドに到着すると想像以上にウネリが残り底荒れしているコンディションであったため、数投キャストしたが、すぐに納竿し帰宅house

翌朝はウネリが治まるであろうと考え、再度釣行することに決めていたが、夜中に咳が止らず何度も目が覚めてしまったことから大幅に寝坊をしてしまい、釣行を断念sweat02

今日は体調が万全でないので釣りは休止し、台風一過の青空の下sun、隣県までドライブに出かけることにしたrvcar

目的地はカヤックフィッシングの聖地として名高い木更津盤州干潟〔金田見立海岸〕と富津岬flair leftright ホームグランドの和田長浜海岸と共に関東地方の三大聖地と呼ばれる場所であるshine

主な行程は横浜横須賀道路と東京湾アクアライン

東京湾アクアラインを利用するのは3、4年前に外房のヒラマサ釣りの際に利用した以来2度目である。当時はべらぼうに高い通行料金であったが、今回は社会実験とやらのETC車期間限定料金で800円。格安であることが嬉しいhappy01

まずは、盤州干潟へrun

到着したのが正午過ぎ。カヤックが浮かんでいる様子は見られない。

陸上がりしたばかりのアングラーに声かけをして近況などを教えてもらうear

付近のコンディションなど 確認したのち、次の目的地である富津岬へrvcar

館山道経由ですんなりと到着run

ここでも撤収中のアングラーから近況をear

今朝はマヅメ時を中心に何尾かシーバスが上がったが渋めのコンディションだったとの事。だが、今後は急速に適水温に近づくのでこれからは例年どおりデーゲームでシーバスを楽しめるはずだと強調するように話をされた。

明治百年記念展望台から岬周辺の全景を眺めるeye

海岸北側の砂州がはっきりと見える。潮流はかなり速いようだsign01

Kayak55.comに富津岬から出艇する際の注意事項などが紹介されているが、砂州と海岸との間の潮流の速さには注意を要する。無理なエントリーは禁物だng

帰路、岬周辺の漁師料理のお店に立ち寄ったempty

青柳や浅利、貝柱などがトッピングされた海鮮潮ラーメンや。。。

大穴子丼を味わいながら、次回はシーバスのデーゲームが楽しめそうな好調期にカヤックを車に積んで足を運ぼうと心に決め、岬を後にしたrvcardash

【東京湾アクアライン】

東京湾横断道路の建設に関する特別措置法では、川崎市と木更津市との間で東京湾を横断する一般国道東京湾横断道路と定義しており、また、日本道路公団による有料管理を前提としていわゆる民活の手法が具体化されていた。一般国道409号が指定されており、自動車専用道路に指定されている。

川崎側の9.6 kmがアクアトンネルと呼ばれるトンネル、木更津側の4.4 kmがアクアブリッジと呼ばれるになっており、その人工島には海ほたるPAが設けられている。アクアブリッジは、日本第1位の長さの橋梁、アクアトンネルは、関越トンネル山手トンネル飛騨トンネルに次ぐ、日本第4位の長さの道路トンネルである。

東京湾アクアライン料金

車種通常料金ETC割引料金ETC期間限定割引料金
普通車 3,000円 2,320円 800円
中型車 3,600円 2,780円 960円
大型車 4,950円 3,830円 1,320円
特大車 8,250円 6,380円 2,200円
軽自動車 2,400円 1,860円 640円

ETC割引制度については他に、社会実験として、2007年8月20日から通勤割引の対象道路とされており、同年9月25日からは特定区間割引がされていた。生活対策に基づく高速道路料金の引下げ(休日特別割引)で、ETC搭載の普通車・軽自動車等に限り地方部は休日は上限1,000円となっており2009年3月20日から本四高速と東京湾アクアラインでも先行実施されており、2009年3月28日からは深夜割引・通勤割引の対象道路になっている。さらに2009年8月1日より試験的にETC車は普通車で800円となっている。これは2011年3月末までの期間限定の通行料金とされている。

          Text by Wikipedia  

← ”クリック”にご協力下さいモバQ    

|

« 秋 分 | トップページ | スマートフォン用 × 防水アクティブケース »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102540/49571228

この記事へのトラックバック一覧です: 聖地視察 × 木更津盤州干潟&富津岬:

« 秋 分 | トップページ | スマートフォン用 × 防水アクティブケース »