« Run & Gun Salt × 三浦半島 | トップページ | LF × 東京湾 »

2010年8月 7日 (土)

釣魚料理(鯵) × 『なめろう』、『水なます』

千葉県の郷土料理2品夏が旬の鯵を薬味と味噌を利かせた料理で味わう

Dsc_1なめろう -鯵の甘みと薬味のハーモニー。酒の肴、ご飯のおかずに最適-

材 料 : 生姜みじん切り、葱みじん切り、大葉、味噌

作り方 :                                       

① 三枚におろした鯵を細切りにした後、みじん切りにするようにたたく。

② 粗みじん切りにした後、千切りにした大葉と葱、生姜、味噌を加えて混ぜ込み、味噌と薬味がまんべんなく混ざったら、出来上がり。

③ 「なめろう」の語源は、「なめらかな舌触り」、「 皿をなめるほど美味しい」と言われてるので、鯵の身を粘りが出るまでたたくのがコツであるが、個人的には若干、身が粒状に残る位が美味しさが引き立つように感じる。

④ 温かい「なめろう」は味わいが落ちるので、食べる直前まで冷蔵庫で冷やすと良い。

※ 「なめろう」が余った場合は、ハンバーグ状に丸めて大葉にはさみ、フライパンで焼くと「サンガ」という郷土料理(千葉県)になる。大根とポン酢を添えるとサッパリと食べれる。また、煮立った湯に「なめろう」を丸めて落とすと「つみれ汁」になる。

Dsc_

水なます 暑い時期は、冷汁風「水なます」で食も進むはず!-

材 料 : 「なめろう」適量、酢、味噌、(お好みで、ミョウガ、胡瓜、若布、白胡麻など。)

作り方 :氷を浮かべた冷たい酢味噌汁に、なめろうを落として食べる。

※ 「水なます」は漁師料理。氷水の中になめろうを放りこんで、一気にかき込むように食す。暑い季節にピッタリの豪快メニュー                                                        

← ”クリック”にご協力下さいモバQ

|

« Run & Gun Salt × 三浦半島 | トップページ | LF × 東京湾 »

釣魚料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 釣魚料理(鯵) × 『なめろう』、『水なます』:

« Run & Gun Salt × 三浦半島 | トップページ | LF × 東京湾 »