« 呉 × てつのくじら館 | トップページ | 西方紀行 × 佐伯 »

2009年10月 4日 (日)

内海 × カヤックシーン

日本三景のひとつである安芸の宮島を訪れた                        この辺りの海岸線では至る所でカヤックや休日にバドリングを楽しむ光景を見かける。

景勝地である宮島の厳島神社巡りカヤックツアーの企画やレンタルカヤックを扱うショップが数多くあることでもわかるように、瀬戸内の島々からなる美しい景観と密接に結びついて『カヤック文化』が根付いているようである。

内海×カヤックシーン

瀬戸内海の景観保全・環境問題については、最近、ニュース等報道で全国的に取り上げられている。

先日[1日(木)]は、鞆の浦訴訟が大きく報道されていた。内容は、広島地裁は瀬戸内海国立公園の景勝地、鞆の浦(広島県福山市)の埋め立て・架橋計画について、歴史的景観の保全の観点から県に埋め立て免許の差し止めを命ずる判決を下したというものである。判決については、時流れに沿った画期的なもので、今後の国づくりの大きな指針として鞆の浦訴訟は残るだろうと言われている。
また、隣県では原発建設反対運動も生起している。「生物多様性のホットスポット」「瀬戸内最後の楽園」とも形容される山口県上関町長島田ノ浦海岸の埋め立て、原発建設計画の反対運動である。現在、祝島の漁船団と共にシーカヤック隊が海上反対行動をしている状況にある。(詳しくは、BBS of kayak55.com に掲載)

いずれの問題も、反対派と推進派がそれぞれの立場で主張を繰り広げているが、素晴らしい自然が残されている場所だけに、共生しながら発展していくことの難しさを抱えているようである。

にほんブログ村 釣りブログへ ← ”クリック”にご協力下さい目

|

« 呉 × てつのくじら館 | トップページ | 西方紀行 × 佐伯 »

カヤックフィッシング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 内海 × カヤックシーン:

« 呉 × てつのくじら館 | トップページ | 西方紀行 × 佐伯 »