« 連浮(れんぷー)× KF@NAHAMA | トップページ | 呉 × てつのくじら館 »

2009年10月 1日 (木)

バイブル × 『シーカヤック教書』

バイブル×『シーカヤック教書』

7月に海文堂出版から発売された『シーカヤック教書』を読んだ

本書は、日本のシーカヤック界を第1人者として牽引し、瀬戸内横断隊隊長としても著名な内田正洋氏(海洋ジャーナリスト)が、シーカヤッカーとしての22年間の経験や想い、そしてこれから繋がる未来への展望を込めた待望のシーカヤック論

・・・・・以下、本文を引用・・・・・

『・・・自然と対峙するための判断力を培うのは非常に難しい。どれほど経験を積んでいても、失敗する可能性は消え去りません。しかしながら経験を積まなければ判断ができないことも事実です。つまり海という存在は、常に人を学ばせてくれるところです。そこにシーカヤックが存在する意義があります。』

『でも人が海を真似ることはできません。人は海から学ぶのではなく、海と人が関わってきた歴史、それを学ぶ。そのための道具としてシーカヤックが存在しているのではないでしょうか。書き方を変えると、海に生きてきた人々の歴史から何かを学ぶ。人々が培ってきた海の文化をシーカヤックを漕いで学んでいく。』

・・・・・引用終わり・・・・・

単にスキルやテクニック、装備論だけでなく、海洋文化としてのシーカヤックも含めて論じていることから、教書と呼ぶに相応しい書物である。

【索 引】
第1章:文化論  第2章:装備論  第3章:漕法論  第4章:航法論
第5章:領域論  第6章:天気論  第7章:生存論

にほんブログ村 釣りブログへ ← ”クリック”にご協力下さい目

|

« 連浮(れんぷー)× KF@NAHAMA | トップページ | 呉 × てつのくじら館 »

カヤックフィッシング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バイブル × 『シーカヤック教書』:

« 連浮(れんぷー)× KF@NAHAMA | トップページ | 呉 × てつのくじら館 »