« 秋の気配 | トップページ | お伊勢参り »

2006年9月25日 (月)

エギング@和歌山下津港

エギング@<br />
 和歌山下津港

和歌山県和歌山下津港を訪れた。初めての地であるので、北大通りにあるマルニシ釣具(総合釣具センター)へ足を運こび、この周辺の釣り事情を把握してから釣行することにした。店内には池原ダムのBバス、中泊や串本のアオリイカなどの写真が所狭しといった感じで掲示されていたので、ひとつひとつ興味深く見入った。店長から最近のシーバス情報を聞いた後、夕まずめに紀ノ川へ直行し、河口部と水門周辺を探索した。数時間色々なルアーで試みたが何の反応も得られず、今夜は時間的余裕がないので粘るのは得策ではないと判断しシーバスゲームを終了。徳島行きの南海フェリー乗り場岸壁に移動して「エギング」に移行した。

にほんブログ村 釣りブログへ ← ”クリック”にご協力下さい目   

現場に到着し、クーラーボックスに腰をかけて釣りをしている人に声をかけてみると「コウイカを4ハイあげた。」ということで、クーラーボックスの中を覗かせてもらった。その釣り人から、周辺のエギング状況を色々と教えてもらい、2.5号の餌木をラインに結び、ゲームを開始した。開始直後に岸壁端にいた釣り人の餌木にコウイカが乗り、釣り上げるまでのやりとりを羨ましくながめながらリールを巻いていると、今度は自分の竿先にズシッと重みが加わった。岸壁近くまで寄せてみると、針先に足が2本だけ掛かった状態の良型コウイカの姿を確認できた。取り込みが難しい状況なので近くにいる人を見まわしたがタモなどのランディングツールを持っている人がいなかった。仕方ないので抜き上げようと試みて、ラインテンションを保持したまま抜きあげようとした瞬間、岸壁際にポチャっと音を立ててコウイカが海中に沈んでいった。周りから「あぁ〜」という声などが聞こえたが、自分自身が一番残念であった。気を取り直し粘ってみたが、その後はなんの反応も得られず、周囲でもまったく釣れていない状況下だったので今夜はもう駄目だろうと判断し、納竿した。今夜のエギングは残念な結果で終わってしまったが、色々な場所へ行って、色々な釣り人の情報を参考にして試行錯誤の釣りを楽しめる現在の生活環境に大変に満足している。
和歌山を離れると今後は大阪と三重に行く予定なので、時間があればまた釣りを楽しみたいと思う。次の寄港地に期待をこめて和歌山からのモブログを終了する。

にほんブログ村 釣りブログへ ← ”クリック”にご協力下さい目

   

|

« 秋の気配 | トップページ | お伊勢参り »

エギング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋の気配 | トップページ | お伊勢参り »